Google App Engine 入門

ホーム > Google App Engine の機能 > 独自ドメインの設定

独自ドメインの設定

Google App Engine のアプリケーションは、***.appspot.com というドメイン名だけではなく、独自ドメインで実行することもできます。

ここでは独自ドメインで Google App Engine 上の Web アプリケーションを実行する手順を説明します。

具体例で考えましょう ~ http://gwtwidget.keicode.com/ でアクセス可能とする

具体例を出したほうがわかり易いと思いますので、次の条件とします。

項目内容
App Engine Application IDkeicodegwttest1
変更後の URLhttp://gwtwidget.keicode.com/
ドメインの取得ホスティング会社 「ブルーホスト」 で取得済み

すなわち、App Engine のデフォルトの URL は http://keicodegwttest1.appspot.com/ なのですが、このアプリケーションに http://gwtwidget.keicode.com/ でアクセスできるように設定しようということです。

また、ドメインは既にブルーホストで取得済みであり、 DNS の設定はブルーホストの管理画面から行うものとします。

独自ドメインへの切り替え方法

App Engine の URL を独自ドメインの URL に切り替えるためには、次の順番で行います。

手順1.Google Apps へドメインを登録する

まず、ドメインが Google Apps に登録済みであることを確認します。 今回の例では keicode.com が Google Apps に登録済みである必要があります。

ドメインを Google Apps に登録していない場合は、最初に登録してください。

» Google Apps へのドメインの登録

既に Google Apps に追加されているドメインでしたら、手順2へどうぞ。

手順2.App Engine で URL を設定する

ドメインを Google Apps に登録したら、App Engine の管理画面へ行きます。 App Engine の管理画面で URL を登録します。

今回の例では URL として http://gwtwidget.keicode.com/ を追加します。

» App Engine のアプリケーションに URL を追加する

設定画面を進めていくと、DNS の設定を行うことを促されたら、CNAME の設定を行います。

手順3.DNS の CNAME を設定する

DNS の CNAME の設定はあなたの利用しているネットワーク環境に依存します。

今回の例では、人気があり私も利用しているブルーホスト の管理画面から DNS の CNAME を設定します。

» ブルーホストで CNAME を設定する方法

DNS の CNAME の設定を行ったら、App Engine のアプリケーションへの URL 追加作業を完了します。

独自ドメインの設定

App Engine の管理画面からは次のように URL が追加されたことが確認できるはずです。

独自ドメインの設定

試しに新しい URL で App Engine のアプリケーションがアクセス可能かどうか確認しましょう。

独自ドメインの設定

以上でカスタムドメインの設定は完了です。

ホーム > Google App Engine の機能 > 独自ドメインの設定