Google App Engine 入門

ホーム > データストア > JDO を利用する設定

JDO を利用する設定

スポンサーリンク

JDO を利用する設定

Google App Engine では二種類の標準データアクセスが利用できます。 JDO (Java Data Objects) と JPI (Java Persistence API) です。 これらはいずれも DataNucleus Access Platform というオープンソースのプログラムで実装されます。

App Engine に対して利用する JDO を教えるためには、 jdoconfig.xml を設定します。

jdoconfig.xml は war/WEB-INF/classes/META-INF に配置します。 Eclipse で開発するときは、src/META-INF/jdoconfig.xml を設定すれば、 アプリケーションのビルド時に最終的な war 下のディレクトリにコピーされます。

src/META-INF 以下に作成される jdoconfig.xml は次のような内容となります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<jdoconfig xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/jdo/jdoconfig"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:noNamespaceSchemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/jdo/jdoconfig">

    <persistence-manager-factory name="transactions-optional">
        <property name="javax.jdo.PersistenceManagerFactoryClass"
            value=
"org.datanucleus.store.appengine.jdo.DatastoreJDOPersistenceManagerFactory"/>
        <property name="javax.jdo.option.ConnectionURL" value="appengine"/>
        <property name="javax.jdo.option.NontransactionalRead" value="true"/>
        <property name="javax.jdo.option.NontransactionalWrite" value="true"/>
        <property name="javax.jdo.option.RetainValues" value="true"/>
        <property name="datanucleus.appengine.autoCreateDatastoreTxns" 
value="true"/>
    </persistence-manager-factory>
</jdoconfig>

JDO を用いて Google App Engine のデータストアを利用する

JDO を用いて Google App Engine のデータストアにオブジェクトを格納する例を示します。

またオブジェクトの関係とその利用方法についてはこちらです。

各種エラーへの対応方法についてはこちらです。

スポンサーリンク
ホーム > データストア > JDO を利用する設定