Google App Engine 入門

ホーム > Google App Engine 開発環境 > Google App Engine SDK - PHP

Google App Engine SDK - PHP

Google App Engine では従来の Java、Python といった言語のみではなく PHP も利用可能となる予定です。 (2014年1月時点で「プレビュー」という段階です)

PHP は Web システム開発で非常に人気のある言語であり、Facebook、Yahoo、Wikipedia、Wordpress といった主要ウェブサイト、 主要システムが PHP を用いて開発されています。

Google App Engine でもさらなる開発言語として、PHP も正式対応する予定です。

Google App Engine - PHP

PHP による Google App Engine の利用方法

Ubuntu での PHP SDK の利用についてはこちらのメモを参考にしてください。

Windows 上での開発環境構築

Windows 上での開発環境構築方法を説明します。

要は App Engine PHP SDK をインストールすればよいわけですが、この SDK に含まれる開発サーバー自体が Python プログラムであるために Python 2.7 もインストールする必要があります。

当サイトでは Python 2.7 については、C:\Python27 フォルダに、App Engine PHP SDK については C:\Google\google_appengine フォルダにインストールされているものとします。

SDK の MSI インストールパッケージでは次のように指定しました。

Google App Engine PHP SDK

念のため、出来上がったフォルダ構造は次のようになってます。

Google App Engine PHP SDK

これでないといけないと言うことはありませんが、当サイトの説明とパスの指定などが食い違うときは確認してみてくださいね。

ホーム > Google App Engine 開発環境 > Google App Engine SDK - PHP