Google App Engine 入門

ホーム > Google App Engine の機能 > セッションの利用

セッションの利用

# PHP API を利用時は PHP API 利用時のセッションの利用と注意点 をみてください。

以下では Java API について説明しています。

Google App Engine では Java Servlet の HttpSession (セッション) を利用できます。

しかし、既定ではセッションは有効になっていないので、 セッションを利用するには appengine-web.xml 設定ファイルで有効化する必要があります。

次のエラーはセッションが無効であるときに、session.setAttribute() などで値を設定しようとしたときに発生します。

Google App Engine - Session Error

エラーメッセージは次のとおりです。

HTTP ERROR 500

Problem accessing /processform. Reason:

    Session support is not enabled in appengine-web.xml.  To enable sessions, 
put <sessions-enabled>true</sessions-enabled> in that file.  Without it, 
getSession() is allowed, but manipulation of sessionattributes is not.

エラーメッセージにあるように、セッションを有効化するには appengine-web.xml に sessions-enabled 要素を追加し true に設定します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<appengine-web-app xmlns="http://appengine.google.com/ns/1.0">
	<application></application>
	<version>1</version>
	<sessions-enabled>true</sessions-enabled>
	...
ホーム > Google App Engine の機能 > セッションの利用