Google App Engine 入門

ホーム > Google App Engine のユーザー認証 > Google アカウントを利用したユーザー認証

Google アカウントを利用したユーザー認証

Google Account でサインインすると、Google App Engine 上のアプリケーションにて、サインインしたユーザーの情報を知ることができます。

といっても、Google アカウントに登録した情報をすべて取得できるわけではなく、ごく一部の情報だけが見られるだけです。

サインインしたユーザーの情報

サインインしたユーザーの情報は、 com.google.appengine.api.users.User オブジェクトとして取得できます。

このオブジェクトを通して取得できる情報は主に以下の情報です(この他はハッシュコードとかそういった情報)。

  • ニックネーム
  • メールアドレス
  • 認証ドメイン
  • ユーザー ID

ニックネームは Google Account の表示名です。デフォルトではメールアドレスが設定されます。名前についてはここまでしか取得できません。本名は取得できません。 もし名前(本名)が必要ならばアプリケーション側でそうした情報を追加で取得する必要があります。

メールアドレスは Google Account への登録メールアドレスです。Google Account の登録時にメールアドレスの確認が行われます。

認証ドメインは Google Account による認証が行われた時には "gmail.com" という文字列が入ります。ユーザー ID はこのオブジェクトを一意に識別する ID が文字列として入ります。

User オブジェクトから取得できる情報
User オブジェクトから取得できる情報例

上記のスクリーンショットは次のページで取得しました。

» ユーザー情報表示テスト

ホーム > Google App Engine のユーザー認証 > Google アカウントを利用したユーザー認証