Google App Engine 入門

ホーム > Google App Engine SDK - PHP > Ubuntu 上での Google App Engine SDK PHP の利用

Ubuntu 上での Google App Engine SDK PHP の利用

Windows 上で Google App Engine を利用するには、SDK のインストーラパッケージ (msi) を実行するだけで OK です。

GUI のランチャーも付属します。

ここでは Linux (Ubuntu) で Google App Engine SDK (PHP) を利用する場合の設定について記載します。

Google のサイトから SDK パッケージ (google_appengine_<ver>.zip) をダウンロードして、unzip します。

$unzip google_appengine_x.x.x.zip

python 2.7 があることを確認します。

$ python --version
Python 2.7.6

必要に応じて PHP5 をインストール。

Ubuntu 16.04 LTS 上の場合は次も参考にしてください。
» Ubuntu 16.04 LTS 上での PHP の設定

$ sudo apt-get install php5-cgi

MySQLi を利用時は MySQL Native Driver を利用するよう構成しないと、いくつかのメソッドが未定義となる エラーが発生する可能性があります。

$ sudo apt-get install php5-mysqlnd

もし MySQL Native Driver が有効化されていなければ、次で有効にします。

$ sudo php5enmod mysqlnd

開発サーバーのスタート

開発サーバー (dev_appserver.py) は次のようにスタートします。

$ python /path/to/google_appengine/dev_appserver.py 
  -A app id
  --php_executable_path=/usr/bin/php5-cgi 
  /path/to/your_app

これでポート番号 8080番で開発サーバーがスタートするはずです。

プログラムの更新

ローカルの開発環境から App Engine にプログラムをデプロイ (展開。要はプログラムの更新) をする場合は、基本的に次のコマンド。

appcfg.py update myapp/

従って、App Engine の SDK が ~/google_appengine にある場合は次のようになります。

$ python ~/google_appengine/appcfg.py update ~/path/to/your_app
ホーム > Google App Engine SDK - PHP > Ubuntu 上での Google App Engine SDK PHP の利用