Google App Engine 入門

ホーム > Google App Engine SDK - PHP > Ubuntu 16.04 LTS 上での PHP の設定

Ubuntu 16.04 LTS 上での PHP の設定

Ubuntu 16.04 LTS では PHP5x が完全に削除され、PHP7.0 に置き換えられています。

しかしながら、2016年9月現在で Google App Engine がサポートする PHP ランタイムバージョンは 5.5.34 です。

このため Ubuntu 16.04 LTS 上に開発環境を構築する場合は、明示的に PHP 5.5 をインストールする必要があります。

私は次の方法で PHP5.5 が実行できました。(XML 等、必ずしも必須でないものも含まれてますが)

$ sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install php5.5 php5.5-mysql php5.5-mbstring php5.5-bcmath php5.5-xml

尚、開発サーバーを起動するときのパスは次のようになります。

python ~/google_appengine/dev_appserver.py -A foo 
	--php_executable_path=/usr/bin/php-cgi5.5 /path/to/foo/
ホーム > Google App Engine SDK - PHP > Ubuntu 16.04 LTS 上での PHP の設定