Google App Engine 入門

ホーム > Google Cloud SQL > Google Cloud SQL の特徴と制限

Google Cloud SQL の特徴と制限

Google Cloud Platform (グーグルクラウドプラットフォーム) はグーグルが提供するクラウドプラットフォームサービスです。いわゆる PaaS ってやつですね。

グーグルクラウドプラットフォームでは、ストレージサービスをいくつか提供しています。

Google Cloud SQL はそのひとつで、リレーショナルデータベースサービスを提供しています。

より具体的に言えば、MySQL データベースを利用するためのサービスです。

Cloud SQL の特徴

MySQL が利用可能なクラウドサービスである、というのがそもそもの基本ですが、主な特徴として次が挙げられます。

  • 16GB RAM / 500GB までのストレージが利用可能
  • Google Developer Console からインスタンスが作成及び管理可能
    これは実際簡単です。
  • インスタンスは US, EU, アジアで利用可能
  • 複数のゾーンでの同期・非同期レプリケーション可能
  • mysqldump を利用したインポートとエクスポート
  • SSL 上の接続をサポート
  • Java, Python, PHP 及び Go で記述した Google App Engine アプリケーションからも利用可能

一方、以下のような制限事項があります。

  • 個々のインスタンスは 500GB まで
  • ユーザー定義関数は利用不可
  • 以下の MySQL ステートメントは利用不可
    • LOAD DATA INFILE
    • SELECT ... INTO OUTFILE/DUMPFILE
    • INSTALL/UNINSTALL PLUGIN ...
    • CREATE FUNCTION ...
    • LOAD_FILE()
  • SUPER 権限は利用不可
  • SHA2() 関数は利用不可

このようにいくつか制限はありますが、利用は大変簡単であり、また小さなインスタンスからはじめれば、 固定IPのオプションなどをつけても、月々数10ドル程度の予算で開発を開始できるなど、とても手軽に利用可能なサービスです。(料金などは具体的にはご自身で計算してくださいね)

高いサーバーを購入する前に、一度検討する価値は十分あります。

ホーム > Google Cloud SQL > Google Cloud SQL の特徴と制限